工事が必要となる水のトラブル

水のトラブルは、ほとんどの場合、経年劣化で起こるものです。新築の頃は、水回りに何の問題もなく、それが普通と思って数年間過ごします。ただ、築10年ほどになってくると、水回りに徐々に問題が出てくることがあるのです。水のトラブルは生活自体に大きな支障をきたします。水道 工事が必要なこともありますので、常日頃から気を付けておきましょう。

■水回りの工事

水のトラブルの代表的なものとして、水漏れやつまりがあります。水漏れはパッキンの劣化や接合部の緩みが原因となることが多く、つまりは長年の堆積物によるものが原因ともなります。こうした水のトラブルは、パッキンなどの部品を交換したり、またつまりを取り除くことで解消できるのですが、中には水道 工事が必要となることもあります。もちろん、水道 工事ともなると自分ではできません。修理業者に依頼し、対応してもらうことになります。

■修理工事の内容

修理業者による水道 工事で多いのが、やはり水漏れとつまりです。最近の蛇口は、特殊な構造になっているものが主流ですので、専門の知識を持つ修理業者でなければ、パッキンの交換ですら自分ではできないこともあります。また水漏れは蛇口付近からだけではなく、排水管や給水管からも発生します。この排水管や給水管はキッチンの隠れた部分にあることが多く、やはり修理業者でなければ手が出せないところでもあります。そしてつまりですが、こちらはひどい場合は高圧洗浄機や専門器具を用いた修理を業者へ依頼することになります。

■まとめ
水道 工事は専門の修理業者に依頼するものですが、水のトラブルが起こってからではなく、日頃から定期的に点検を依頼しておくことで、大きなトラブルを避けることもできます。水のトラブルは緊急を要するものですので、修理業者をいつでも呼べるように連絡先を控えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ